本文へスキップ

―Tajima Consumer Affairs Center―

青少年の皆さんへ

若者の消費生活トラブルについて知っておいてほしいこと!

「消費生活トラブル」 と聞いて、実際どんなものか知っていますか?
消費者問題についての知識が少ないまま、都会で一人暮らしを始めた若者がトラブルに巻き込まれ、
消費者センターに相談を寄せるケースが後を絶ちません。
   
成人の日を迎えるみなさんへ   
成人式を迎えられるみなさま、おめでとうございます。20歳になると、飲酒やタバコを吸うことができますね。
では消費者として、今まで(未成年の時)と何か違いがあるのでしょうか。実は成人すると
「契約」においての責任が大きく変わります。20歳になると、何をするにも「自己責任」を負わなければなりません。
たとえ訳が分からないまま結んでしまった契約でも、「未成年だから」という理由で取り消すことはできなくなります。
  ★処方箋 第47号 どこの誰だぁちゃんと聞かんなんでー!!(平成25年3月)
  (学生/放送受信契約/キャッシュカード)

引っ越しを予定されているみなさんへ
春は入学・就職のシーズンです。
それに伴い、賃貸住宅への入居や退去の際の契約トラブルが多い季節です。
「賃貸住宅の退去時に特に汚していないのに、クロスや畳などの高額なリフォーム代を請求された」などと、契約に関するトラブルがあります。賃貸住宅契約のトラブルに巻き込まれないためにはどうしたらよいか、ぜひ知っておいてください。
  ★処方箋 第42号 賃貸住宅の修理は先ず家主さんに!!(平成24年9月)
  (学生/アパートの修理/ネットで探した業者/自己負担)

小中学生のみなさんと保護者の方へ
あなたは自分専用の携帯電話を持っていますか?自宅に自分専用のパソコンがありますか?
近年、携帯電話の所持が低年齢化していることに伴い、消費者センターにも、保護者の方から、「小中学生の息子(娘)が電話サービスを利用し、高額な請求を受けた」などのご相談が多数あります。
インターネットは便利なものですが、一方で親の目の届かないところで子どもたちが出会い系サイトやアダルトサイト、自殺方法に関するサイトなどの有害情報が含まれるサイトに簡単にアクセスできたり、個人情報を書き込んでトラブルになる可能性があります。
  ★処方箋 第39号 オンラインゲームは危険!(平成24年6月)
  (子供/インターネット/オンラインゲーム/ワンクリック詐欺/アダルトサイト/請求)

青少年のみなさんへ
「マルチ商法」「デート商法」「出会い系サクラ商法」「ワンクリック詐欺」「不当請求・架空請求」「ネットオークション・通信販売トラブル」「懸賞サイト詐欺」など、若者を狙った消費者トラブルはますます複雑で巧妙化しています。
  ★処方箋 第48号 安いからって、飛びついたら泣かんなんで〜!!(平成25年5月)
  (インターネット/激安ブランド品/商品が届かない/ネットバンキングへの前払い/業者への連絡手段がメールのみ)
 
訪問販売や電話勧誘販売などで「つい契約してしまった!」「よく考えてみると必要なかった!」というときのために、「クーリング・オフ」という無条件で契約を解除できる制度があるのを知っていますか?
「クーリング・オフ」することができる期間、対象商品・サービスは、法令で指定されています。
  ★クーリング・オフについて

また、就職などを機にクレジットカードを作った若者がトラブルに遭うケースがあります。
クレジットカードの仕組みや注意点をよく知ったうえで、賢く利用しましょう。
  ★クレジットカードについて


出前講座(消費生活移動教室)のご案内

現在但馬消費生活センターでは、但馬地域の消費者のみなさんを対象に、被害の未然防止や救済のために、
「出前講座 (消費生活移動教室)」を実施しています。
この出前講座では生徒向けに加え、教職員及び保護者等のみなさま向けに、最近の若者を取り巻く消費生活トラブルの現状について知識を深めていただくとともに、防止策や適切な対処法を身につけていただくために、当センターの職員がわかりやすく説明させていただきます。
  「出前講座(消費生活移動教室)」のご案内・講座の様子(写真)・申込書はこちら 

  ★「しまった! 困った!」 その時は、一人で悩まず、
   但馬消費生活センターまたは最寄の消費者相談窓口へお問い合わせください。