本文へスキップ

―Tajima Consumer Affairs Center―

高齢者の皆さんへ

高齢者の消費生活トラブルについて知っておいてほしいこと!

但馬地域は兵庫県の中でも高齢化率が高く、高齢者の相談が増加しています。
高齢者は、「お金」・「健康」・「孤独」という3つの大きな不安要素をもっていると言われています。
悪質業者は言葉巧みに不安をあおり、親切をよそおって信用させ、高齢者の貯金や年金などの大切な財産を狙っています。                    
高齢者に多い消費生活トラブルについて取り上げた記事を集めてみましたので、ご一読ください。
   
      
高齢者のみなさんと、ご家族や地域のみなさんへ   
自宅にいることが多い高齢者は、訪問販売や電話勧誘販売の消費者トラブルに遭うケースが目立ちます。
また認知症などで判断力が低下していたため高齢者自身は被害に遭っていることに気づかず、家族や地域の方、また介護職員など、周りの人によって被害が発見されることもしばしば見受けられます。
高齢者の被害を未然に防止したり早期に発見するためは、周りの方々による見守りや声かけが大切です。
地域で高齢者を消費者被害から守りましょう !
    
  ★処方箋第50号(平成25年7月) 「お金で救われる??」〜そんなことあれへん!!〜
   (広告/願いが叶うブレスレット/電話/開運/祈祷)
  ★処方箋第46号(平成25年2月) 「契約してぇへんもんは、してぇへん!」(個人事業主編)
   (身に覚えのない契約/業界紙/広告/請求)
  ★処方箋第45号(平成25年1月)  健康食品?注文してぇへんもんは、してぇへん(第2弾)!!
   (身に覚えのない注文/代金引換/契約/電話)
 
うっかり不必要なものを契約してしまった方へ 
訪問販売や電話勧誘販売などで「つい、うっかり契約してしまった!」「よく考えてみると必要なかった!」というときのために、「クーリング・オフ」という無条件で契約を解除できる制度があるのをご存知ですか?
「クーリング・オフ」することができる期間・対象商品・サービスは、法令で指定されています。
  ★クーリング・オフについて
   

出前講座(消費生活移動教室)のご案内

現在但馬消費生活センターでは、但馬地域の消費者のみなさんを対象に、被害の未然防止や救済のために「出前講座(消費生活移動教室)」を実施しています。
この出前講座では、高齢者向けに最近の消費生活トラブルの現状について知識を深めていただくとともに、防止策や適切な対処法を身につけていただくために当センターの職員がわかりやすく説明させていただきます。
  ★「出前講座(消費生活移動教室)」のご案内・講座の様子(写真)・申込書はこちら

  ★「しまった!困った!」 その時は、一人で悩まず、
   但馬消費生活センターまたは最寄の消費者相談窓口へお問い合わせください。